指導理念・目標・方針

札幌栄光ゼミSEEDの指導理念

地面から出た新芽
 

児童・生徒一人ひとりに寄り添い、学習指導を通して地域社会に貢献すること。

札幌栄光ゼミSEEDの目標

■努力することの大切さが分かる児童・生徒を育てること。
■自ら考え、自らチャレンジして問題解決できる児童・生徒を育てること。

札幌栄光ゼミSEEDの指導方針

■児童・生徒一人ひとりに応じた最適の指導形態を提案し、きめ細かな指導を行います。
■児童・生徒に寄り添って学習指導ができる環境を提供いたします。
■児童・生徒の学習意欲を高めるための方策を考え実行いたします。

塾長からのメッセージ

SEED塾長氷見誠二

塾を開校するときに誓ったこと=児童・生徒に寄り添って指導していく

札幌栄光ゼミSEEDは、今から約20年前に、教育激戦区と言われる円山に誕生いたしました。地下鉄円山公園駅出口から徒歩1分という、とても通いやすい場所に教室を作りました。

 私は、塾を開校するにあたって、「これだけはしっかりと守り抜いてやっていこう」と決めたことがありました。それは「児童・生徒に寄り添って指導していこう」ということでした。「寄り添う」という表現はとても抽象的で馴染み難いことですが、児童・生徒とともに一緒に学習を進めていく、というイメージでとらえていただければ良いかと思います。この「寄り添って、ともに勉強を進めていく」ということこそ、真の学力を身につける最良の道ではないかと考えました。

指導形態を「マンツーマン」型の個別指導にした

 児童・生徒に寄り添って指導していくために、指導形態を「マンツーマン」型の個別指導にいたしました。先生一人に対して生徒一人が指導を受けるという形態です。この形態のメリットは、学校の勉強では物足りず、学年を超えて高度な勉強をしたいと考えているような意欲的な子供から、学校に通うことを困難に考え、学習が遅れがちの子供まで、幅広く対応できるということです。また、小学校低学年の英才教育を受けたいと考えている子供から、現役で北大以上のレベルの大学への合格を目指す高校生まで、まさに小・中・高一貫で対応することもできるということです。

この姿勢が評価され、より多様な指導を求めてくる児童・生徒が増加した

 こうして、児童・生徒一人ひとりに寄り添って塾を続けてきたことで、多くの実績を積んできました。そして「円山地区にSEEDあり」と言われる学習塾に成長しました。今ではより多くの期待に応えることができるような緻密な対応が可能となっています。

講師生徒のマンツーマン

 2018年春から、強いご要望があった集団指導クラスを開設いたしました。中学受験、高校受験、大学受験まで、高度な内容の勉強をしたい、という方に応えるクラスです。集団クラスとは言っても個別に対応ができる程度の少人数制です。この集団クラスの開設で、従来実現し難かった「競い合ってより高度な内容の勉強をする」ということもできるようになりました。また、個別指導においても、マンツーマンに加え、演習量を増やすという目的で、1対2のコースも開設いたしました。
 SEEDは、マンツーマン、1対2、そして集団クラスと、様々な要望に応えることができる総合塾として成長いたしました。

札幌栄光ゼミSEEDは更に進化し続けます

 個別指導や集団指導に加え、速読・OLECOなどの能力開発型の講座や、自立型学習のeトレコースも併設しております。まさに、円山地区での総合学習塾として発展してきました。これもSEEDを支えていただいた円山地区の多くの方のお陰であると感謝しております。この期待に応えるためにも、SEEDは今後も進化し続けます。開校以来の「児童・生徒に寄り添って指導していく」を柱に、地区に貢献し続けて参ります。

 
塾長 氷見 誠二