速読の3つの効果

読書が好きになる

【読書量UP】

読書が好きになり知識量UP。あなた(お子様)の学習姿勢も変わる!

活字に対して抵抗がなくなります。必然的に文章に慣れ、読解力が上がります。本の面白さを知れば読書が好きになります。知的好奇心もこうした事がきっかけでアップします。活字に対する慣れは様々な教科に影響します。

集中力が身に付く

【集中力UP】
処理能力・理解力・集中力向上により、学習の効率UP!

速読は脳を鍛えるトレーニングでもあるため「記憶力」や「集中力」、「思考力」など脳の総合的な能力を底上げする効果も期待でき、学習効率をUPさせることが可能です。問題を理解する時間を短縮させることで、余った時間を復習に回し、学習内容をより脳に定着させることができます。

受験に役立つ

【合格力UP】
テストや入試に圧倒的に有利になる!

内容の理解度を落とさず、速く読める方法を指導しているためテストや入試等に最適です。また、速度が上がれば時間が短縮できます。短縮できた時間を考えたり見直したりする時間に充てられます。速読を習得することで受験に圧倒的に有利になります。

速読の理論

脳の2つの特性

❶脳が速さに慣れること=可塑性(かそせい)
❷1つの能力向上によって、他も向上すること=汎化作用(はんかさよう)

速読は「誰にもできる」トレーニングです。人間の誰もが持っている脳の2つの特性「可塑性(かそせい)」と「汎化作用(はんかさよう)」を利用したトレーニングだからです。

①脳が速さに慣れること=可塑性(かそせい)

自動車で高速道路を時速100Kmでしばらく走行した後、一般道路に入ると景色が非常にゆっくり流れるように感じることはありませんか? 
これは脳が高速走行のスピードに順応して情報処理力を高めた結果です。このように脳は「可塑性(かそせい)」つまり外部からの刺激(例えばスピードなど)に柔軟に適応できる性質を持っています。速読トレーニングとは、脳のこの特性を利用したものなのです。
 

自動車で高速道路を時速100Kmでしばらく走行した後、一般道路に入ると景色が非常にゆっくり流れるように感じることはありませんか? 
これは脳が高速走行のスピードに順応して情報処理力を高めた結果です。このように脳は「可塑性(かそせい)」つまり外部からの刺激(例えばスピードなど)に柔軟に適応できる性質を持っています。速読トレーニングとは、脳のこの特性を利用したものなのです。

②1つの能力向上によって、他の能力も向上すること=汎化作用(はんかさよう)

「見る」という能力をアップさせると、「理解」「記憶」「感性」などといった読むことに関わる他の能力もそれに追いつこうと処理能力を高めます。このように、脳にはひとつの刺激によってさまざまな反応を連鎖的に引き起こす 「汎化作用」という性質があります。 
脳全体はつながっている神経網であるため、一部が活性化されると他の領域にも波及効果が及ぶのです。 
また、速読トレーニングは人間の脳に達する刺激の8割を占める視覚刺激を利用しています。視覚刺激を通じて、高速に、かつ大量の刺激を送ることで脳を効果的に活性化していき「可塑性」と「汎化作用」を効率的に活用することができます。 
 

「見る」という能力をアップさせると、「理解」「記憶」「感性」などといった読むことに関わる他の能力もそれに追いつこうと処理能力を高めます。このように、脳にはひとつの刺激によってさまざまな反応を連鎖的に引き起こす 「汎化作用」という性質があります。 
脳全体はつながっている神経網であるため、一部が活性化されると他の領域にも波及効果が及ぶのです。 
また、速読トレーニングは人間の脳に達する刺激の8割を占める視覚刺激を利用しています。視覚刺激を通じて、高速に、かつ大量の刺激を送ることで脳を効果的に活性化していき「可塑性」と「汎化作用」を効率的に活用することができます。 

速読の効果

 

速読英語とは

語彙(ごい)

【語彙力UP】

長文演習に出てくる単語を(音声付で)学習

長文を速く解くには「音声化」が必要です。速読英語ではネイティブの発音で単語の確認ができます。

長文演習

【演習量UP】
レベルに応じて80〜600wordの長文を読み込む

長文を読んで問題に答えることで、読書速度と読解速度を算出。問題は徐々に難易度アップ。

速読

【スピードUP】
受験生全国No.1の速読メソッドを実践

眼筋トレーニング後、意味のかたまりごとに表示されたスラッシュリーディングで、前から読み進める習慣をつけます。

 

入学試験の4分の3は長文読解問題です。つまり、長文読解を制するものが受験を制するのです。

しかし、どうしても単語や文法中心の学習が多くなってしまい、長文読解の演習量が絶対的に足りていない生徒が多くいます。そこで、今までの学習に速読英語を取り入れることで、英語力と受験対応力をアップさせます。

 

入学試験の4分の3は長文読解問題です。つまり、長文読解を制するものが受験を制するのです。

しかし、どうしても単語や文法中心の学習が多くなってしまい、長文読解の演習量が絶対的に足りていない生徒が多くいます。そこで、今までの学習に速読英語を取り入れることで、英語力と受験対応力をアップさせます。

速読英語の4つの特徴

①短い文章だからどんどん読み進められる。

長文に苦手意識があっても、スラスラ読めるレベルの文章をこなすことで、単元が進むにつれて長文になった時も自信を持って読むことができるようになります。

②速度計測だから確認できる。

自分の読書速度を把握することで、スピードを意識出来るようになります。また毎回のトレーニングの中で力が伸びていることが体感でき、数字でも表れます。 

③速度メソッドだから能力が上がる。

速読メソッドは自分の持っている力より速い速度でトレーニングを行います。 そのため必ずレベルアップした力をつけることが出来ます。 
眼のトレーニングを行い鍛える事で、処理能力や記憶力・思考力など全体の能力が引き上げられるのです。

④ネイティブ音声だからリスニング力も上がる。

英語の読解には音声化が欠かせません。ネイティブスピードで理解できるようになれば、読解にもリスニングにも有利です。 
標準再生機能の他、倍速、本文非表示機能も搭載。倍速機能で、より聞き取りやすく、本文非表示+音声で、理解を確実なものにします。

ご存知でしたか?こんなに違うんです。

トレーニングの流れ

「語彙/Vocabulary」⇒「演習/Reading」⇒「スピード/Speed Reading」⇒「復習/Reading」の順番でトレーニングを進めます。

長文読解のKeyである 「語彙」「演習」「スピード」のトレーニングをバランスよく行うことで、長文読解の基礎力向上を目指します。

「語彙/Vocabulary」⇒「演習/Reading」⇒「スピード/Speed Reading」⇒「復習/Reading」の順番でトレーニングを進めます。

長文読解のKeyである 「語彙」「演習」「スピード」のトレーニングをバランスよく行うことで、長文読解の基礎力向上を目指します。

速読・速読英語講座のご案内

受講料等につきましては、お問い合せください。

もっと詳しく!!
札幌速読 円山教室の公式ホームページへ、GO!

 
LinkIcon